Apple オンラインストアで買った商品の返品の手順

Appleオンラインストアで買った商品の返品の手順を、スクリーンショットなどと共に詳細に解説します。

Apple Storeアプリから返品の申し込みをする場合

Apple Storeアプリを起動し「アカウント」を選択すると、過去に購入した製品が出てきます。この中から返品の手続きをしたいものを選択。

画面上にある「キャンセルはこちら」を選択。

ここからは、アプリ内ブラウザでの操作です。

AppleIDでログインして

返品したい注文を選択

商品を選んで

払い戻しを選択

これでオンラインからの返品手続きは完了

Apple.comから返品の申し込みをする場合

Apple.comからの返品手続きも、基本的に「最初の部分」以外はアプリからの手続きと同じです。

Apple.comにアクセスし、画面右上の「バッグ」を選択。その後「ご注文」をクリック。

返品したい商品の「商品の返品」ボタンを押す。

以降は上の写真と同じ手順で返品可能。

返品確認のメールが届く

返品の手続きをすると、まずはすかさずAppleから「依頼を承りました」というメールが届きます。

メールにも書かれていますが、返品番号などが書かれたメールが後日届くのでそれまではしばらく待機です。

その後、こういった「予約番号」「パスワード」が書かれたメールが届くので、この番号を控えておきます

返品する商品を梱包する

返品の手続きが完了したら、荷物を梱包してヤマトの営業所に商品を持っていきます。

商品を梱包する際には、荷物が届いた時の外箱を利用すると、手間も少なく、サイズなどもぴったりで非常に都合が良いです。

返品時に「返品番号を箱に書け」と指示されるので、箱に番号を書きました。

クロネコヤマトの営業所に荷物を持っていく

その後、箱を持って「クロネコヤマトの営業所」に行きます。

営業所・取扱店検索(クロネコヤマト)
近所の営業所はこういう感じのところです。

こんな感じの建物の中に入っていきます。

利用する端末はこういうもの。タッチパネルで操作します。

送り状を作るときにわかりにくいのが一番最初のこの画面。ここでは「提携フリマサイト、提携企業サイト」を選択します。

受付番号、予約番号を入力という方を選択します。

次にわかりにくいのがこの番号。Appleから届くメールと表記が違いますが、ここでメールに書いてあった「予約番号」を入力します。(次にパスワードの入力画面が出ます)

最後の内容確認の画面。

時間指定なども可能ですが、これは何も気にせず「指定なし」を選択。

Appleから商品到着確認のメールが届く

2〜3日すると、Appleから返品商品到着のお知らせが届き、返品の処理(支払い方法によって処理の仕方が違う)が行われて、一連の手続きは完了。

クロネコヤマトの営業所が近くにない場合には少々不便かもしれませんが、本当に返品に理由が必要なく、お金も一切かからないというのは大変素晴らしいです。

2週間以内であれば理由なく無料で返品可能なApple公式サイト